香典返しを、いつ、どのようにお返しするか

香典とは、人が亡くなり、通夜の葬儀、告別式に参列をする際に香典を持参します。本来は「亡き人に手向ける香やお花の代金」という意味です。最近では弔意を示すためのお金という意味が強くなっていますが、遺族にお渡しするときには、渡し方の作法に十分に気をつける必要があります。
また、いくら包めばよいか迷ったときは、古くから「弔事は多めに」という言葉があるように少し多めが良いともいわれております。これは昔は葬儀で何かと負担がかかるので、近隣・親戚同士の相互扶助の名残ともいえるようなものです。包む金額は、付き合いの程度や、自分の社会的立場などもあることですので、知人や仕事上の付き合いがある関係者に聞くなどして参考にするのも良いでしょう。
香典をいただいた方に対して、「香典返し」という風習があります。仏教の場合には、一般的に四十九日の忌明け後に贈る風習があります。これはお返しは必ずしなくてはならないという性質のものではありませんが、遺族からのお礼として通常は品物を贈ります。その額は「半返し」といわれているように、香典の二分の一、または三分の一ぐらいが一般的といえます。
香典返しの品物には、お茶や海苔、石けんなどがよく使われるのは、使い切って、あとに残らないものという意味があるからだといいます。掛け紙は黒白の水引で、表書きは「志」とし、挨拶状を添えます。
また、最近の傾向として、「即日返し」があります。これは通夜・告別式の葬儀の当日にお返しをしてしまうことです。香典帳の整理や配送料など、余計な手間が省けるという理由から即日にお渡ししてしまいます。この場合は、いただいた香典の額はわかりませんが、とりあえず会葬者に一律の額の品物をお渡しするというものです。この場合の金額には地域性が大いにあり、500円から3000円くらいとマチマチです。地域の相場をあらかじめ聞いておくことが大切です。ただし、高額な香典をいただいた方には、後にあらためて挨拶と品物を贈る必要があります。これは、地域の風習には関係ありません。
昔は、忌明けに関係者が集まり、共同飲み会をしたあと、餅やまんじゅうを香典返しにする風習がありました。俗に「葬式まんじゅう」などといわれたものです。まんじゅうが不祝儀に使われるようになったのは、日本の高僧が中国から帰るとき、まんじゅう職人の一族を連れてきて、奈良で製法を広めたのがきつかけとされております。

コメントを残す

*