プリザーブドフラワーの魅力

プリザーブドフラワーの魅力は鉢植えの植物のような手入れをする必要がなく、長期に渡って楽しめるところです。また、デリケートな一面を持っていますが、その特性を知り、高温多湿を避けたり、直射日光に当てない、保存場所などに気をつけていれば数ヶ月から数年は保つことができる嬉しさがあります。私は花粉症なので、生花などのニオイを嗅ぐと花粉症の症状が出ますが、プリザーブドフラワーには花粉や花特有のにおいがないので、花粉症やアレルギー体質の方でも楽しめるのです。プリザーブドフラワーはお花の保存方法の一つであり、ドライフラワーとは製法が違うのです。枯れない花と呼ばれるドライフラワーとは違い、圧倒的美しさやみずみずしさを長期に渡って維持できるのが特徴なので、友人のお祝いにプレゼントしたり、結婚式などに使われる事が多くなってきているのです。

プリザーブドフラワーを贈る

生の切り花は、どんなに丁寧にまめにお世話をしても、どうしても最後には枯れてしまいます。しかし、プリザーブドフラワーならば、花の美しさはそのままに半永久的に飾っておくことができます。いつまでもとっておけることに人気が高まり、結婚式のブーケを結婚式の後に加工したり、母の日、父の日、敬老の日などに贈ったり、誕生日に贈ったりという使われ方をしています。プリザーブドフラワーはドライフラワーのようにただ乾燥させるのと違って、色鮮やかさがあります。また造花、イミテーションフラワーなどと違い、生花のような質感があります。我が家のリビングにも、妹が母の日に贈ったものが飾られています。飼っているトイプードルに似たチョコレート色の花で、トイプードルの形にあしらわれています。箱を開けた瞬間の母の驚いた、嬉しそうな反応が忘れられません。

プリザーブドフラワーは、福祉を救える技術です。

おめでたい時には、お花の贈り物をするのは大変喜ばれます。生花も喜ばれますが、色も鮮やかで華やかで枯れないプリザーブドフラワーを送るのも記念として飾ってもらえらるので大変喜ばれます。逆に不幸や入院等の時には、残るのであまり送らない方が良いと言う説も有ります。百貨店で販売されてますが、高いです。自宅で作ろうと思えば作れますが、染めの工程等が難しく時間と手間が掛かります。買えば高いですので手作りでプレゼントするのも喜ばれると思います。自宅のガーデニングの草木を加工して作る事も可能です。雑草等も加工して福祉を救うアイテムにする事も可能と思います。草木を加工して福祉を救える技術でも有ると思います。雑草が福祉を救えるなんてたいへん素敵と思います。是非雑草も含めて草木を福祉を救える様に加工して夢を実現したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です