結婚式のオープニングムービーはプロに任せろ

結婚式は特に女性側にとって人生で、再婚した一部の人を除いては基本的に1度しかない一大イベントであり、やり直しのきかない儀式であります。その一度しかない儀式を忘れないためにビデオなどの映像に残したのは多くの人にとっての希望となります。ただそのオープニングムービーを含めた撮影は自分たちが行うわけにいかず、誰かに依頼しないとなりません。ところがその撮影は素人に任せると大変な目にあいかねません。理由はカメラの不慣れな取り扱いミス、撮影技術の未熟、編集の未熟などいろいろとなります。これらの理由で大事な場面がまともに撮影されていないと、後でその華やかな儀式の余韻は一転撮影を失敗した人に対する怒りに変化となってしまいかねません。だからその怒りになる前に信頼できるプロに任せるほうが得策となります。彼らは慣れたカメラで年に何度も毎回のようにいろんな新郎新婦を撮影しています。式場に参加した参列者が儀式の最中にはあの構図でこの構図でとやたら式場内を動き回ることはできませんが、プロの撮影者はそれができます。ともかく保険の意味で最終的な信頼を勝ち取ることができるようになります。

結婚式のオープニングムービー

結婚式を挙げる中で、近年よく取り入れられるようになったのがオープニングムービーです。式場や披露宴会場に新郎新婦が入場する前に流すことが一般的で、新郎新婦のプロフィールやゲストへの感謝を伝えるためのおもてなしの一つとして考えられています。このムービーの良し悪しによって、その後の雰囲気には大きな影響をもたらすので重要ということは明らかです。自己満足の仕上がりではなく、ゲストが見ていて楽しいと感じるものを作ることができるかという点が重要となってくるのではないでしょうか。オープニングムービーは、長すぎても見ている人が飽きてしまうのであまり長くなりすぎないように気をつけましょう。ゲストの中には、多くの式に出ている人もいるので、どこかで見た覚えのあるものではなく二人らしいムービーとなるようにしましょう。

結婚式のオープニングムービー

今までに10回ほど結婚式に参加しましたが、最近の結婚式ではほとんどの披露宴でオープニングムービーを会場のスクリーンで最初に流す印象を受けます。内容としては2人の小さいころの写真や今までの経緯、成長の過程などを写真や文字入りで写す内容ですが、オープニングムービーがあった方が結婚式への感情移入がしやすいように感じます。どんなに新郎新婦と親しい中でも小さいころからのエピソードや写真などは見る機会は少なくて新鮮です。式を挙げる際にプランにオプションで入れることが出来るのですが、価格が15万円ほどで少し高めに感じます。自分でも少し手間がかかりますが、昔の写真をお互いに用意してパソコンにスキャナーで取り込んでパワーポイントで制作する事も可能です。今まで自分達で制作した人もいましたが、やはり専門の方が作った方が綺麗で自然な流れで見ることが出来ると感じ、自分自身も式の際にはオプションで入れました。とても好評でした。

当社ではお客様が利用されるプランごとに料金には違いがあるので、サイトを参考にしたうえでプランを検討して頂くことも可能です。 2本、3本のビデオの制作で4,000円?10,000円OFF。(毎週10組限定です)。 感動しましょう。感動してもらいましょう。 ウェディングに関するサポートの実績から、よりよいサービスを提供するために日々業務内容を工夫させて頂いております。 結婚式を演出するオープニングムービー制作します!